修理実績リアルタイム速報

⚠️膨張したバッテリーの危険性⚠️

みなさんこんにちは。

スマートクールららぽーと磐田店です!

遠州豊田スマートICに隣接、無料大型駐車場3400台完備のららぽーと磐田1階、1F東立体駐車場 連絡口の向かいにて、平日10:00〜20:00/土日祝10:00〜21:00 年中無休で営業致しております。

修理以外にもiPhoneケースの販売やガラスフィルムの貼り付け、ガラスコーティングの施工なども行なっております!

スマートフォンでお困りのことがございましたら是非一度お問合せくださいませ!

 


今回は傍聴してしまったバッテリーの危険性についてご紹介させて頂きます!

スマートフォンに限らず、何年も使用しているとバッテリーが膨張してしまうことがあるのですが、皆様は経験ありますでしょうか?

スマートフォンやノートパソコンなどの端末は大半がリチウムイオンバッテリーを使用しています。

リチウムイオンバッテリーはバッテリー内に含まれる電解液と正極材にリチウムという元素が用いられており、化学反応を起こす事によって電気を蓄えるのですが、劣化していくと電解液が分解されて炭化水素=ガスとなります。つまりは、この発生したガスがバッテリー内に溜まることによってバッテリーが膨張してしまうという訳なんです。

膨張を放っておくと何が危険なのかというと、リチウムは可燃性物質であり非常に燃えやすいという点です。

リチウムイオンバッテリーが発火してしまう原因としては、過放電、外部からの衝撃や圧迫、直射日光や炎天下での使用などが挙げられます。

リチウムイオンバッテリー内部では、プラス極とマイナス極を絶縁膜で隔離し、直接電極が触れ合わないように設計されていますが、外部からの強い衝撃や圧迫などにより絶縁膜が破損してしまうと、プラス極とマイナス極が直接接触してしまい、内部短絡という状態になります。

この状態になると電流が集中し温度が急激に上昇して発火してしまうのです。

iPhoneを使用していると熱くなってしまうこともありますし、炎天下で車のダッシュボードに置いているとあっという間に発火点に達してしまいます

これから季節は夏になり、気温も高まってまいります。

膨張したバッテリーにはお伝えさせていただいたような危険性がありますので、これからの季節は特に早めの修理をお勧めいたします!

今回ご紹介した内容以外にも、iPhone修理やiPadの修理、Nintendo Switchや Androidの修理も行なっております!

お手持ちの端末で気になる点がございましたら、お気軽にご相談くださいませ!

 


データそのまま、基本即日修理対応

SMART COOL ららぽーと磐田店

〒438-0801 静岡県磐田市高見丘1200 ららぽーと磐田1F

☎︎0538-67-8344 営業時間 平日10:00〜20:00 土日祝 10:00〜21:00

ご予約はこちら

気軽にお問い合わせ下さい

メールでのお問い合わせはこちら

気軽にお問い合わせ下さい

メールでのお問い合わせはこちら

気軽にお問い合わせ下さい

メールでのお問い合わせはこちら

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。